FC2ブログ
News(2017/11/7) - テレジアンカンテレ/TERESIAN KANTELE
***
■News(2017/11/07)更新

丸善出版より2017年10月に発売された『北欧文化事典』。
北欧・バルトの国々の文化伝統を600ページ以上にもわたって紹介する贅沢な1冊です。

この『北欧文化事典』の中で、フィンランドの民族楽器「カンテレ」についても単独項目として紹介されています。

丸善出版『北欧文化事典』 - フィンランドの民族楽器「カンテレ」

執筆を担当したのは、はざた雅子の教え子。
TERESIANKANTELEのWEBページも担当する彼女が、カンテレの歴史から楽器の発展までを、簡潔に紹介しています。

フィンランドや北欧の多文化要素の一つとして、カンテレがこうして紹介される機会を、本当に喜ばしく感じております。
お値段がはるため気軽に購入をお薦めできませんが、ぜひお近くの図書館にリクエストしてみて下さいね。

***
北欧文化事典



編:北欧文化協会・バルト=スカンディナヴィア研究会・北欧建築・デザイン協会
出版元:丸善出版
出版年:2017年10月
総量:650頁
価格:¥ 21,600

北欧諸国はヨーロッパの中心から遠く離れて位置しているため、新たな思想や流行の発信源とはなり得ず、常に周辺諸国からそれらを受け入れる側であった。それゆえに19世紀以降になると、ドイツに発するロマン主義の波及によって、他のヨーロッパ諸国と異なった「輝かしき、共通なる一つの北欧」といった認識が芽生え、これがその後の北欧文化の基底となり、独自の文化が花開くこととなる。

本書はこうした北欧文化のもつ独自性とその魅力の数々を、その歴史的背景、地域性、政治的状況などと関連付けてまとめたこれまでにない事典である。

目次-----
1.北欧とは
2.北欧とその周辺
3.北欧の人と自然
4.北欧の歴史
5.北欧の文化
6.北欧の社会
7.北欧の生活デザインと建築

文献詳細:http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/9784621301715.html

***