News(2017/05/14) - テレジアンカンテレ/TERESIAN KANTELE
***
■News(2017/05/14)更新

ヴィエナ・カレリアに現存していた最後のルノラウラヤ、ユッシ・フオヴィネン(Jussi Huovinen)が亡くなりました。

ルノラウラヤとは、「Kalevala」で知られるような伝統詩歌を、口頭で親族から受け継いできた歌い手のこと。
口頭伝承の係累が、一つ、途絶えました。

地元の新聞が訃報を伝える記事を掲載しています。
[Kainuun Sanomat誌] 最後のヴィエナ・カレリアのルノラウラヤ Jussi Huovinenが死去

画像:Kainunn Sanomat誌HPより

2014年に公開されたドキュメンタリー映画『Song/Laulu』では、彼と彼の教え子であるハンネリーナ・モイッセイネン(Hanneriina Moisseinen)の姿を描いています。

映画『Song/Laulu』についてはコチラをご参照ください。
http://hkantele.blog74.fc2.com/blog-entry-185.html

彼のご冥福を心からお祈り申し上げます。

※2017/05/21 追記
Kantele Liitto/フィンランド カンテレ協会WEBサイトにも彼への追悼記事が掲載されました。
[Kantele liitto] Jussi Huovinen 2.4.1924 – 12.5.2017