News(2016/02/28) - テレジアンカンテレ/TERESIAN KANTELE
***
■News(2016/02/28)更新

今日 2月28日は「カレワラの日」、フィンランドの旗日です。
民族叙事詩「カレワラ(Kalevala)」の編纂者であるエリアス・リョンロットは、主人公である英雄が去る際にカンテレをスオミ(フィンランド)の民に残していくという、印象的なエピソードで作品の幕をとじます。
物語の中で作成される5弦カンテレは、時に民族の象徴として描かれることになるのです。

カンテレのルーツともいえる5弦カンテレは、たった5本の弦をはじき、自由に音楽を創造しながら心を語るための楽器。
膝の上で、楽器の息遣いをも感じながら奏でる音楽の楽しみを、5弦カンテレで始めてみませんか?

この春より、はざた雅子による5弦カンテレのワークショップをスタートいたします。
第1回は、カンテレを新たに始める方向けの内容ですので、誰でもお気軽に参加していただけます。
その後は、グループレッスンで少しずつステップアップしてきましょう。
また、全くの初心者向け体験レッスンも、定期的に開催する予定です。
新しいチャレンジにぴったりの春。
どうぞ皆さまと楽しいカンテレ時間をご一緒できるのを楽しみにしております!

---
5弦カンテレワークショップ
5弦カンテレワークショップ
日にち:2016年3月30日(水)
場所:マナカHOUSE(東京都中野区)
講師:はざた雅子
[詳細]

***