News(2017/08/16) - テレジアンカンテレ/TERESIAN KANTELE
***
■News(2017/08/16) 更新

既にご紹介した フィンランド独立100周年の記念イベント「Finland 100 Music History」で演奏するフィンランドのカンテレ奏者ミンナ・ラスキネン(Minna Raskinen)の他公演情報(一般公開分のみ)を追加いたしました。
公演に関しては各問合せ先にご確認ください。

ミンナ・ラスキネン(Minna Raskinen)来日公演スケジュール
---
カンテレワ-クショップ
日にち: 2017年9月9日(土)
場所:アミカ(札幌市西区)
[詳細]
---
ミンナさんを囲んでカンテレ交流コンサ-ト
日にち: 2017年9月10日(日)
場所:アミカ(札幌市西区)
[詳細]
---
MINNA RASKINEN ソロリサイタル
日にち: 2017年9月12日(火)
場所:きたこぶしホ-ル(札幌市中央区)
[詳細]
---
森の囁き・風の旋律
日にち: 2017年9月16日(土)
場所:東川町地域交流センタ-「交流プラザ」(川上郡東川町)
[詳細]
---
小樽朝里川温泉 宏楽園ロビ-コンサ-ト
日にち: 2017年9月18日(月)
場所:小樽朝里川温泉 宏楽園(小樽市新光)
[詳細]
---
ミンナ・ラスキネン カンテレワークショップと懇親会
日にち: 2017年9月23日(土)
場所:コンフォ・サロン(東京都新宿区)
[詳細]
---
Finland 100 Music History
カンテレコンサートと伝統音楽のレクチャー
日にち: 2017年9月24日(日)
場所:汐留ホール(東京都港区)
[詳細]
---
Minna Raskinenミンナ ラスキネン コンサート&ワークショップ
日にち: 2017年10月1日(日)
場所:Atelier La Luciole(大阪府箕面市)
[詳細]
---

***
News(2017/07/14) - テレジアンカンテレ/TERESIAN KANTELE
***
■News(2017/07/14)更新

カンテレ演奏家であり、カンテレ研究者であり、自身が創設したカンテレミュージアムの館長であるカリ・ダールブロム(Kari Dahlblom)が7月13日、亡くなりました。

演奏家としてはマスターペリマンニの称号を授かり、奥さんのTuulaと共に想像力豊かな演奏を奏で、
研究者としてはご自身の生活圏である中部フィンランド地方のカンテレに関する研究を軸に、母語であるロシア語を活用しながらロシア語圏内のカンテレ伝統を広く紹介し、
2009年に創設したカンテレミュージアムにはフィンランド以外の地域におけるカンテレも幅広く展示し、
また、保管や採寸といった博物館におけるカンテレの取り扱いについて言及し、各博物館でのレクチャーも行いました。

多岐にわたり活躍し何よりカンテレを愛した彼が亡くなったのは、彼自身も幾度となく演奏を行った50周年を迎えるカウスティネン民俗音楽祭の真っただ中でした。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

20170714_Kari.jpg
画像:女性向け雑誌「MeNaiset」より

[menaiset](2009年):若きKariとTuulaの出逢いから家族として生活を語ったインタビュー記事
[Kantele liitto](2005年2号):Kariとカンテレとの出逢い,ソ連での演奏習得などについて書かれた記事

***
News(2017/06/21) - テレジアンカンテレ/TERESIAN KANTELE
***
■News(2017/06/21)更新

Finland 100 Music History
Finland 100 Music History

フィンランド独立100周年の記念イベントとして、日本シベリウス協会、日本カンテレ友の会、日本・フィンランド新音楽協会が、3機関合同でコンサート、シンポジウム、演奏会を企画。
9月にはフィンランドのフィンランドのカンテレ奏者ミンナ・ラスキネン氏によるレクチャーコンサートが開催されます。

---
Finland 100 Music History
カンテレコンサートと伝統音楽のレクチャー
日にち: 2017年9月24日(日)
場所:汐留ホール汐留ホール(東京都港区)
演奏:ミンナ・ラスキネン(Minna Raskinen)
[詳細]
---

また11月4日(日)には、すみだトリフォニーホールにてシベリウスの孫であるサトゥ・ヤラス氏を迎えてのコンサートやシンポジウムを開催。

Finland 100 Music History
Facebookページ:https://www.facebook.com/Finland100MusicHistory/
***