News(2017/06/21) - テレジアンカンテレ/TERESIAN KANTELE
***
■News(2017/06/21)更新

Finland 100 Music History
Finland 100 Music History

フィンランド独立100周年の記念イベントとして、日本シベリウス協会、日本カンテレ友の会、日本・フィンランド新音楽協会が、3機関合同でコンサート、シンポジウム、演奏会を企画。
9月にはフィンランドのフィンランドのカンテレ奏者ミンナ・ラスキネン氏によるレクチャーコンサートが開催されます。

---
Finland 100 Music History
カンテレコンサートと伝統音楽のレクチャー
日にち: 2017年9月24日(日)
場所:汐留ホール汐留ホール(東京都港区)
演奏:ミンナ・ラスキネン(Minna Raskinen)
[詳細]
---

また11月4日(日)には、すみだトリフォニーホールにてシベリウスの孫であるサトゥ・ヤラス氏を迎えてのコンサートやシンポジウムを開催。

Finland 100 Music History
Facebookページ:https://www.facebook.com/Finland100MusicHistory/
***
News(2017/05/14) - テレジアンカンテレ/TERESIAN KANTELE
***
■News(2017/05/14)更新

ヴィエナ・カレリアに現存していた最後のルノラウラヤ、ユッシ・フオヴィネン(Jussi Huovinen)が亡くなりました。

ルノラウラヤとは、「Kalevala」で知られるような伝統詩歌を、口頭で親族から受け継いできた歌い手のこと。
口頭伝承の係累が、一つ、途絶えました。

地元の新聞が訃報を伝える記事を掲載しています。
[Kainuun Sanomat誌] 最後のヴィエナ・カレリアのルノラウラヤ Jussi Huovinenが死去

画像:Kainunn Sanomat誌HPより

2014年に公開されたドキュメンタリー映画『Song/Laulu』では、彼と彼の教え子であるハンネリーナ・モイッセイネン(Hanneriina Moisseinen)の姿を描いています。

映画『Song/Laulu』についてはコチラをご参照ください。
http://hkantele.blog74.fc2.com/blog-entry-185.html

彼のご冥福を心からお祈り申し上げます。

※2017/05/21 追記
Kantele Liitto/フィンランド カンテレ協会WEBサイトにも彼への追悼記事が掲載されました。
[Kantele liitto] Jussi Huovinen 2.4.1924 – 12.5.2017

News(2017/05/01) - テレジアンカンテレ/TERESIAN KANTELE
***
■News(2017/05/01)更新

春らしくなったかと思えば、急に冷え込んだり、 寒くなったと思ったら、真夏日になったり。
今年はどうにも気まぐれな気候が全国的に続いているようです。
皆さま、お風邪などひかれないようお気をつけ下さい。

5月に行われるはざた雅子コンサート情報を追加いたしました。
新緑が爽やかな5月の信州で、カンテレの音色はいかがでしょう。

---
カンテレホームコンサート
日にち:2017年5月20日(土)
場所:曽山邸(長野県安曇野市)
演奏:はざた雅子
[詳細]

***